MENU

髪が緑になる?利尻ヘアカラートリートメントと美容院、併用するときの注意点とは?

 

利尻ヘアカラートリートメント,トリートメント

 

こんな口コミを見た事ありませんか?「利尻ヘアカラートリートメントを使うと髪が緑色になる」と。まず先に言っておきます。利尻ヘアカラートリートメントを使って髪が緑色になる事はありません。ではなぜ髪が緑色になると言われているのでしょうか?

 

ここでは「髪が緑色になる」「もし髪が緑色になったら?」「髪が緑色にならないためにすること」の3点についてお話しします。

 

利尻ヘアカラー,トリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

>>利尻ヘアカラートリートメントのAmazon・楽天・公式サイトの価格比較はこちら

 

 

利尻ヘアカラートリートメントを使うと髪が緑色になる口コミの真相

 

口コミにある「利尻ヘアカラートリートメントを使うと髪が緑色になる」というのはどういう事なのでしょうか?。口コミで髪が緑色になる人の特徴として2つあります。

 

利尻ヘアカラートリートメント以外のヘアカラーや白髪染めを使っている

利尻ヘアカラートリートメントは染まらないと言って他の白髪染め製品を買ってきて染めている。

利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアなので一気に髪が染まる事はありません。そこを勘違いして「染まらない!」と言って他の製品を使って染めた時に悲劇は起きるようです。利尻ヘアカラートリートメントだけで髪が緑色になることはありません。

 

利尻ヘアカラートリートメントを使いながら美容院で白髪染めやカラー・パーマをかけている

美容院でさらに白髪染めをしてもらう、もしくはパーマをかける。

利尻ヘアカラートリートメント
はっきりとした原因はわかっていませんが、利尻ヘアカラートリートメントに含まれる成分と美容院や他の白髪染めなどの成分が化学反応を起こすからと言われています。この化学反応が元で「髪が緑色になる」傾向があるようです。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは白髪をゆっくり染めていきます。短気を起こして他の製品を使うと、とんでもないことになります。気を付けましょう。


 

緑色になる原因がわかった。気を付けて利尻ヘアカラートリートメントを使う

利尻ヘアカラー,トリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

 

ショック!利尻ヘアカラートリートメントで髪が緑色になってしまったらどうしたらいいの?

 

もし髪が緑色に変色してしまったらどうしたらいいのでしょう?
一度緑色になってしまった髪はもう元には戻りません。しかし解決策は3つあります。

美容院でブリーチをして色抜きをしてもらう

いっそのこと美容院で元の髪の色を抜いてしまう方法です。これがお金がかかりますが手っ取り早い方法です。急ぎで色を落としたい場合はこれを利用しましょう。

 

洗浄力の強いシャンプーで洗って自然に色を抜く

利尻ヘアカラートリートメントの色を持たせるためにアミノ酸系シャンプーをお勧めしてます。が、ここでは色を落としたいので石油系や石鹸系の洗浄力の高いシャンプーを使って色を徐々に落としていきます。日数がかかるのが難点です。

 

濃い色のヘアマニキュアを使う

ダークブラウンやブラックなどの濃い色を上から覆いかぶせてごまかす方法です。これもすぐに効果があるわけではないので日数がかかります。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント,
利尻ヘアカラートリートメントなら濃い色のダークブラウンとブラックがあります。しかも公式サイトからなら安く買うことができます。

髪が緑色になっているのでダークブラウンかブラックを購入する

利尻ヘアカラー,トリートメント

利尻ヘアカラー,トリートメント

>>利尻ヘアカラートリートメントのAmazon・楽天・公式サイトの価格比較はこちら

 

利尻ヘアカラートリートメントと美容院。お互いに距離を保とう

 

利尻ヘアカラートリートメントを使って白髪を染めますが、時には美容院で染めたいこともあるかと思います。利尻ヘアカラートリートメントを使ったら美容院に行けないなんてそんな悲しいことはありません。どうやって美容院とお付き合いしていったらいいのでしょう?

 

それは美容院に行ったら下記の3つを伝えましょう。

  • 利尻ヘアカラートリートメントを使っていること
  • 利尻ヘアカラートリートメントをどれくらいの期間使ったのか
  • 利尻ヘアカラートリートメントを最後に使ったのはいつか

この情報があると美容師さんも髪を変色させないように相談に乗ってくれるそうです。大事な髪のことです。利尻ヘアカラートリートメントも美容院もほどよい関係でお付き合いしたいものですね。

 

 

白髪を染めつつも「緑の黒髪」と言われるように黒くツヤのある髪になれるのならともかく「緑色の黒髪」は困りものです。髪が緑色になる前に一言はなしておきましょう。

 

そして髪が緑色になってしまったら素人判断せずに相談してくださいね。


 

髪が緑色にならないようにする3つの対策

 

一度緑色になってしまった髪はもう元には戻りません。だから緑色にならないための対策が必要です。それは3つあります。

 

利尻ヘアカラートリートメントだけ単体で使う

利尻ヘアカラートリートメントに限らず昆布や天然素材を使ったヘアカラーはいろいろあります。利尻ヘアカラートリートメントを購入したのでしたら、浮気しないで利尻ヘアカラートリートメントをずっと使い続けてください。

 

利尻ヘアカラートリートメント以外の白髪染めやヘアカラーを使うときは2週間空ける

時には他の白髪染めを使いたくなる事もあるかと思います。そんなときは、今使っている利尻ヘアカラートリートメントの成分を少しでも抜くためにも2週間ほど期間を空けてください。次に使う白髪染めやヘアカラーの成分と化学反応を起こさせないためです。

 

利尻ヘアカラートリートメントのコールセンターに聞いてみたところ2週間はあくまで目安。中には2週間あけても髪が緑色になったという人もいたそうですので、3週間あけるといいそうです。

 

美容院で染める前に「利尻ヘアカラートリートメントを使っている」と必ず相談する

上の2と同様、美容院での白髪染めやヘアカラーと化学反応を起こさせないためです。利尻ヘアカラートリートメントに限らず、トリートメントタイプの白髪染めは美容師泣かせだそうです。

利尻ヘアカラートリートメント

 

3つのポイントをおさえておけば、利尻ヘアカラートリートメントを使っても髪が緑色になることはありません。利尻昆布のエキスを使っているから余計に緑色のイメージが強いのかもしれません。しかし利尻昆布のエキスは髪と頭皮に潤いと栄養を与え、髪を元気にしてくれます。むしろ、どんどん使って白髪を染めながらキレイな髪と元気な頭皮を手に入れましょう!

 

3つのポイントに気を付けて利尻ヘアカラートリートメントで染める

利尻ヘアカラー,トリートメント

利尻ヘアカラー,トリートメント

>>利尻ヘアカラートリートメントをAmazon・楽天・Yahoo!で価格比較する